ライバル車との比較:ポルシェ356を現代に伝えるインターメカニカを選ぶ理由はここにある!インターメカニカ356の基礎知識、メンテナンス、購入ガイド

  • カルマンギア Karmann Ghia Porsche
  • カルマンギア Karmann Ghia Porsche

ライバル他車との比較

ポルシェ356 インターメカニカ レプリカ 空冷いざ、購入しようと思う場合、インターメカニカ一点(指名)買いの方は多い。しかし中にはいろんなクルマを検討して、最終的にインターメカニカを選択する場合も考えられる。

私の場合は本物のポルシェ356も検討した。なぜならば購入した2003年当時価は格帯が思いっきりカブるし、本物vs偽モノの図式が成立してしまうからでした。

ここは独断と偏見で356Bタイプとケイマンをライバルとしてみた。あくまでも独断と偏見なので偏見を持ってみてもらって構わない(笑)

356ロードスター
インターメカニカ ポルシェ356 レプリカ コンバーチブルD スピードスター
356ロードスター
インターメカニカ ポルシェ356 レプリカ コンバーチブルD スピードスター
ケイマン
インターメカニカ ポルシェ356 レプリカ コンバーチブルD スピードスター
メーカー インターメカニカ ポルシェ ポルシェ
年式 新車
(1959年モデル)
1959年 2011年
全長/全幅/全高(mm) 3912/1669/1250 3950/1670/1310 4340/1800/1305
ホイールベース(mm) 2130 2100 2415
車両重量(kg) 750 830 1390
エンジン VW製BA型 616 -
排気量(c.c) 1584 1582 2687
最高出力(ps/rpm) 70/4400 60/4500 245/6500
最大トルク(kg-m/rpm) 11.3/3000 11.2/2800 273mn/4900
価格 635 - 633

※価格は変動しますので、詳細はインターメカニカ東京にお問い合わせください

ボディー

ポルシェ356 インターメカニカ レプリカ 空冷  インターメカニカはファイバー製のボディーを採用しています。ファイバーはスチールより強度も高くそして軽い。何よりも耐久性に優れているため一部の高級スポーツカーにしか採用されていない。

  私自身2度の事故に逢いました。しかし相手の日本車はボコボコにへこんでいるにもかかわらずインターメカニカはいずれも擦り傷程度だったことに、私は驚きを感じました。

ファイバー=プラスティック、だから弱いという先入観はくつがえされたのです。

エンジン

ポルシェ356 インターメカニカ レプリカ 空冷  インターメカニカではVW製のエンジンが使われています。そのためパーツは豊富で安いためランニングコストもすこぶる安いと言えます。もちろんチューニングパーツもたくさんあります。

そしてなんといってもタフなエンジンは少々無茶をしても悲鳴をあげることはない扱いやすいエンジンです。町乗りでも高速でも楽しめることが出来ます。

価格

ポルシェ356 インターメカニカ レプリカ 空冷  これだけは手ごろとはいえない。ただ、これだけ完成度の高い356です。「ポルシェ356の新車が手に入る」と考えればとてもリーズナブルな価格といえます。

さらにボディーは40年持つように設計されています。新車派や一生このクルマを所有したい方にはいいと思います。

  私は2003年当時、11年落ちの中古車を280万円で手に入れました。中古車の流通量は極めて少ないですが、もし出物に出会ったら私のように即ゲットですね。

なぜインターメカニカを選んだのか?

ポルシェ356 インターメカニカ レプリカ 空冷  世界中にはいろんなオープンスポーツカーがあります。事実私もユーノスロードスター(1990年式新車)、カルマンギアカブリオレを2回(1963年式と1959年式)、ビートルカブリオレ(1962年式)、アルファロメオスパイダー(1996年式)を所有したことがあります。オープンカーというだけで日常から脱却してワクワクさせてられますね。

  なぜインターメカニカを選んだのか?もちろん若い頃から空冷ワーゲンに親しんでいたので「いつかはポルシェ356」という憧れはありました。そしてオープンカーが大好き。さらに壊れなくて飽きが来なくていつまでもかっこいいクルマを検討した結果インターメカニカに行き着いたのです。

  ポルシェ356は1950年代でも「かっこいいクルマ」と言われ、今見ても「かっこいい」あるいは「かわいい」ともてはやされます。これは当時からすでに完成されたスタイルだったからではないでしょうか?10年後、20年後に見ても決して古臭くない、そして飽きがこないデザインだったと思います。

なぜオリジナル(本物)の356を選ばなかったのか?

ポルシェ356 インターメカニカ レプリカ 空冷  オリジナルのポルシェ356も検討しました。しかしすでに50年前のクルマということ。パーツ等の入手や価格も容易ではないこと。程度のいいものに出会えなかったこと。そして諸先輩方の苦労話(←これが一番後ずさりしたかも)、毎日の足として乗ることが出来るインターメカニカを天秤にかけてしまいました。

走行性能、作りの質感、ラフな扱いOK、ほぼメンテフリーに近いこと、1500kmを超える2泊3日のロングツーリングもらくらくこなすetc、そんないろんなファクターを比較すると、私の性格では到底オリジナルの本物ポルシェ356では楽しさや性能を100%発揮できないし、せっかく購入しても嫌気がさして、手放してしまうのではないかと考えました。

これでは大好きなポルシェ356を嫌いになってしまうかもしれません。買わなければよかった。憧れだけに留めとけばよかった。などと言いたくもありません。このことからオリジナルのポルシェ356とは縁がございませんでした。でも本物のオーラには到底インターメカニカは及びません。もちろん本物を乗っていらっしゃる方へのリスペクトと羨望の眼差しで見とれてしまいます。